NSR250R 見せる湿式クラッチ!

操作メニュー

ホンダ/HONDA NSR250R MC21 91年式

ログ数
4カスタムログ
作業内容 カスタム・チューニング
実施日 2020/09/05
難易度 難易度5
作業時間 99.0時間
作業場所 自宅・ガレージ

カスタム合計費用 ¥0
工賃 ¥0

作業手順

STEP1

[写真]

純正の湿式クラッチカバーから製作して頂きました。 恐らく世界で初めてのNSRへの装着だと思います。

STEP2

[写真]

純正湿式カバー これを見て、 「あ~普通のNSR250Rね~」とか、「STDねぇ~」と言われるんですよね。 それが嫌だったんです! 実際には湿式クラッチの方が実用性は高いのにね。

STEP3

[写真]

まぁ、世界初の試みもあり 何度、取り付け取り外しを行ったか不明なくらい 調整をしてました。

STEP4

[写真]

好きなパープル色のオイルを導入!! うーん目立つ!! が、オイルが黒色にしか見えんww

STEP5

[写真]

カワサキ製のエンジオイルにチェンジ!! グリーンなオイル、見る人を二度見させるエンジンオイルです。 紫色のオイルより、周りには高評価でした。 NSRは内押し式クラッチなので、スケルトンクラッチカバーでの迫力は凄い!!

STEP6

[写真]

ウォーターポンプカバー+サスタンクステーも交換し  スケルトンクラッチカバーの完成!! 中身が見えると、男心をを擽りますよね!! (゚ー゚)(。_。)(゚ー゚)(。_。)ウンウン https://youtu.be/0hB1WbxAlAk ↑動画張り付けておきます。

全体のまとめ・感想

恐らく世界初のNSR250Rへのクラッチスケルトンカバーだと思います。 そもそも、NSR250Rには乾式クラッチがあるので、こんなものをまず作らないですよね。 でも、スケルトンクラッチカバーを開発している方にお話をして作っていただきました!! やっぱ、初物は良いですねぇ~!