• カスタム・チューニング

    ブリッジボルト

    今日のお話はすごく退屈と思いますので、適当に読み飛ばして下さいw フロントキャリパーのブリッジボルトを交換しました。 写真のパーツです。通販で買いました。 ことの起こりは、とあるバイク仲間から教えてもらった情報。 その情報とは次の様なもの。 「近年のブレンボキャスティングのオリジナルブリッジボルトの強度区分は、10.9である」 というもの。 まじですか!?グッチは何の理由もないけど、8.8か9.8だと勝手に思っていた! SRくんは、以前にブリッジボルトが錆びたから、ステンレスのテーパーキャップボルトに交換していました。 これじゃーデチューンもいいところ。百害あって一利しかないじゃないですか・・・ 強度区分が「8」のボルトは、800N/mm^2の引っ張り強度があるから、A2-70と大差ないからまーいっか。と思っていました。 A2-70は700N/mm^2相当ある筈なので。 ただ、元々が10.9だというならこれはでは大差がついてしまう! しかもステンレスに変更することでデメリットが多い。。。。。

    ヤマハ/YAMAHA SR 1JR 1994年 | 14 カスタムログ

    カスタム・チューニング

    2013/09/14

    自宅・ガレージ

感想

気持ち、「ガチッ」とした効き具合になりました。 これが世に言うプラシーボ効果というヤツか!?www

使用パーツ

タグ

グッチのカスタムログ

「ヤマハ/YAMAHA SR 1JR 1994年」のカスタムログ

同じパーツを使用したカスタムログ


フォロー中のカスタマイザー

なんやかんやあって6輪生活中です。ハコスカはそれなりにイジってるぶん、ニンジャはおとなしめに…。

よろしくお願いします!