ASAの、ただのクルマ好き 第222回 またまた気になるミニカー登場! シャドーDN4って知ってますか?

操作メニュー
投稿日時
2019/10/31 23:43
[写真]

CanAmファンなら

是非手に入れたい1台でしょう


相変わらずミニカー熱が冷めないASAです。景気が悪い世の中ですが、それに反して新しいミニカーはガンガン発売になっているんです。お金がない身にとっては、嬉しくもあり、悲しくもあり、といった心境です。


どうしても欲しいやつは、血を売っても(嘘です)欲しいもの。で、またまた欲しいやつがそろそろ出そうなんです。


先週、メールをチェックすると、アメリカのレプリカーズからニューモデルのリリース。まもなくアイツがアメリカに届くという内容です。うわー、もう出来ちゃったの? どうしよう。金欠なのに~。でも嬉しいなあ。ってなんだかわかんない状況です。


その気になるミニカーとは、独特なスタイルとブラックのボディが決まっている1974CanAmのチャンピオンマシン、シャドーDN4です。スケールは1/18!!  しかも、プロポーションモデルではなくフルディテールです。


[写真]

ちなみに、シャドーは60年代にカリフォルニア州で設立されたAVSというコンストラクター。ドン・ニコルズという人がオーナーでした。そしてCanAmやF1に参戦したんですね。


CanAmでは1974年にシャドーDN4がジャッキー・オリバーによってチャンピオンマシンとなりました。そのマシンを今回モデル化したんです。ちなみにボディに書かれたUOPとは石油会社の名前で、メインスポンサー。チーム名もUOPシャドーを名乗ってました。


搭載するエンジンはもちろんV8。リヤカウルを外すと、ミニカーでもしっかりと再現されており、長さの違うエアファンネルが、雰囲気抜群です。タコ足から飛び出したエキゾーストパイプも刺激的。ミニカーからいまにも爆音が聞こえてきそうです。











[写真]

ボディはレジン製のようですが、美しい塗装のおかげで質感、重量感共にバッチリ。きっとCanAmファンを魅了すること間違いなしです。


価格は現地で3万円ほど。う~ん、何とか金策をせねば。発売、もうちょい遅くなると助かるんだけど、でも早く欲しいし、こまったなあ。



[写真]



■いやーカッコいいですね。カウルを外して飾りたいな。

[写真]



■コクピットもちゃんと再現されています。狭そうだな。

[写真]



■フロントタイヤが小さいのも特長。ちなみにDN4のDNはオーナーのドン・ニコルズの頭文字です。

[写真]



■ジャッキー・オリバーのチャンピオンマシン101だけでなく、ジョージ・フォルマーの1番のマシンも発売されます。両方欲しいなあ。