ASAの、ただのクルマ好き 第226回 ベージュの内装がフロントガラスに映り込むんです その1

操作メニュー
投稿日時
2019/11/30 20:28
[写真]

夜間の映り込みは

バッチリ解消!!


2代目J32ティアナくん。ホイールの次に手を入れたのは、ダッシュボードの映り込み解消です。買う前から心配していた、ベージュの内装色。きっとフロントウインドウに映り込むだろうな、と思っていたんですが、期待を裏切らずしっかりと映り込んでくれました。


昼間運転している時も多少は映り込むんですが、映り込みが特に気になるのは夜間。街路灯の下を通過するたびに、ダッシュボードがフロントウインドウに映り込むんですね。


以前の街灯は水銀灯などだったんですが、現在はLEDが主流。LED光は指向性が強いんで、街灯の真下に来ると眩しいくらい明るいんです。以前の街灯なら徐々に明るくなり、離れる時も徐々に暗くなるイメージなんでそんなに気にならなかったんですが、LEDはいきなり明るくなり、暗くなる。そんなわけで、映り込みのコントラストが強烈で、すごく気になるんですね。


LEDの街灯は眩しいだけで明るくないんです。

[写真]

何度か雑誌の記事にも書いていますが、最近のなんでもLED光源に置き換える風潮は何とかならないもんでしょうか? ヘッドライトも眩しいだけで明るくありませんよね。はっきり言って、HIDの方が明るくて見やすいんです。皆さん気付かないんでしょうか。


明るく見えないからさらにハイワットのLED球を入れる。すると、ますます前走車や対向車は眩しくなる。で、最近ハイビームで走るのが正しいと思い込んでいて、いつでもどこでもハイビームで走っている迷惑ドライバーが増えてきたので、眩しさ倍増です。機能もLEDでずっとハイビームにして走っているクルマに後ろにつかれ、渋滞路なんで先に活かせることもできず、まいっちゃいました。


とにかく、LEDのヘッドライトや街灯は是非採用時にご一考願いたいもんです。使用する場所に適した光源はあるはずで、コストや耐久性などを最優先に選ぶべきじゃないと思うんです。昔はエンジニアにも良心があったんですが、今はそんな声はつぶされちゃうのかな。残念でなりません。



[写真]

おっとっと、脱線しちゃいましたね。元に戻します。ウインドウへのダッシュボードの映り込み解消です。


以前の初代J32ティアナくんは内装色がダーク系だったので映り込みはありませんでした。ダッシュパネル自体を交換する手もあるんですが、かなり大掛かりな作業になりそうだし、コストもかかっちゃいます。


ペイントするという手もあるんですが、キレイに仕上げるには技術が必要。さらに、J32のダッシュパネルは経年変化なのかちょっと溶けているようなべたつきがあるんです。この上から塗装すると、もっと溶けちゃいそうで心配です。


何かいいものがないかな、と探していたらありましたよ。ダッシュボード上に敷くマットです。このマット、オーストラリアで作られているもので、シェブロンという会社のダッシュメイトという商品。


立体裁断形状で、ダッシュボードの形状にピッタリと合うんだそうです。というわけで早速注文してみましたよ。



[写真]

ちなみに値段はAU70ドルほど。だいたい5500円くらい。で、送料は一番安い航空便で2000円くらい。計7500円くらいでした。


色は黒とグレーがあって、グレーを選んだんですが、これがちょっと失敗でした。詳しくは後で書きます。


さてさて、注文して2週間ほどでオーストラリアから大きめの封筒が届きました。中には折りたたまれたダッシュメイトが入ってましたよ。強めではないんですが、マットには折り目が入っちゃってます。でも、この折り目も説明によると、敷いているうちに自然になくなるとのこと。本当だといいんですが。


一応は折り目のところを逆に曲げてクセを直し、早速ダッシュボードの上に敷いてみました。ただ載せておくだけでもいいんですが、傾斜がきついような場合は、付属のマジックテープで落ちないように固定するといいみたいです。


ダッシュボードの上に置いてみたのは夜。早速ドライブに出かけてみると、おー、気になっていた映り込みが解消したじゃないですか。

[写真]

一番最初の写真とこの写真を比較してみてください。フロントウインドウの映り込みがまったく気にならないでしょ。


いやー、このマットを買ってよかったよ、大正解。とその夜はぐっすりと眠れたのは言うまでもありません。まさか、翌朝にがっかりするとは思ってもいませんでしたから。


何が起きたかって? それは、今まで気にならなかった日中に新たな映り込みが発生するようになっちゃったからなんです。


そのお話は、次のコラムを読んでくださいね。



[写真]


■マットを敷く前。ウインドウに近い部分は映り込みを考慮してか一応茶色のパネルなんですが、メーターナセル周辺から助手席エアバッグ辺りまでベージュとなっていて、この部分がフロントウインドウに映り込むんです。

[写真]


■ダッシュメイトを敷いたところ。ダッシュボード上面の形状に合わせて立体裁断されているので、奥だけでも違和感なくきれいにフィットします。ちなみに、同じものがヤフオクでも出品されてました。また、注文するとオーストラリアから届くという日本語サイトもあって、ココはヤフオクより安く買えるみたいです。

[写真]




■ダッシュボード上にあるヘッドライトなどのセンサー部にあわせて、丸い切れ目が入っているので、簡単に切り取ることができます。キレイに切り取るには、ハサミやカッターを使って接続部を丁寧に切りましょうね。手でちぎると、汚くなっちゃいますから。

[写真]