ASAの、ただのクルマ好き 第232回 クルマの中のウイルスが気になりませんか? その1

操作メニュー
投稿日時
2020/03/31 22:21
[写真]

車内に入って来たウイルスに

どう対処したらいいの???


1月末からコラム更新をサボってしまって失礼しました。ASAです。桜も満開で季節はすっかり春かと思いきや、東京エリアに突然雪が降るなど目まぐるしく陽気が変わり、外出時に何を着よう?と迷っちゃいますよね。ま、基本はクルマで移動しているので薄着でもいいんですけどね。


そんなことよりも、いま世界中の人の最大の関心ごとは新型コロナウイルスについてでしょうね。


ボクも初めのうちは、中国でヤバそうな新型ウイルスが発症したな、インフルエンザの新しいタイプかな?程度の関心で他人ごとに近かったんですが、ここまで世界的に感染が拡大してあらゆることに影響が出てくると、明日は我が身と自己防衛を真剣に考える毎日です。



皆さんもそうじゃないでしょうか。





[写真]

ウイルス対策はしっかりやってます。手洗いとかマスク着用とか万全。で家の中もキレイに掃除して、除菌や換気もしっかりやってますという方でも、じゃクルマの中は?と聞かれると、あれ?どうしたらいいんだろう、と悩んじゃうことでしょう。


車内の空気、じつは結構汚れています。


狭い空間で、しかも密閉されているので、普通に走っているだけでも汚れが蓄積しやすいんですね。


内気循環にしているし、エアコンフィルターもマメに交換しているから大丈夫、という人もいることでしょう。でも、内気循環にしていると車内の二酸化炭素濃度があっという間に上がって、眠気や頭痛、集中力低下の原因になります。


基本は外気導入にして走り、トンネル内やトラックの後ろを走ったり、工場地帯などで外気が汚れていると感じたら内気循環に切り替えるなどするのが理想なんですが、どうしても内気循環で走ってしまうケースが多いに違いありません。



[写真]

そんな場合、たまに換気で窓を開けて走ると一気に喚起できるんですが、この時に外気の汚れや花粉、菌やウイルスが車内にどっと入ってくる可能性があります。場所によっては、車内よりも外気の方が汚れているケースもありますからね。


もちろん、ずっと窓を開けっぱなしで走れば換気で汚れは車外に排出されるんですが、徐々に車内の隅やフロア、内装壁面やシート生地に汚れが蓄積してくわけです。車内にウイルスがいると考えるとマジで気になっちゃいますね。


そこで、そんなんで気になるウイルスを手軽に除去できる車内のウイルス除去対策法を紹介しましょう。


まず、そこで重要なのが定期的な掃除。掃除機をかけ、シートやダッシュパネルは定期的に拭き掃除をしたいもの。でも掃除って意外に面倒。第一、クルマに乗り降りするたびにするわけにはいきません。





[写真]

そこで、手軽に使える車内の拭き掃除専用クロスを常備し、気になったら拭くようにするといいでしょう。このとき、家庭用のアルコールが入ってるようなものはダメ。内装の素材や塗装を痛める可能性があるからです。


つや出し材が含まれているようなタイプで拭くと、表面がスベスベになり、汚れが滑って付着しにくくなるので〇。


車内には車内専用。これ鉄則ですのでお忘れなく。


拭く際には、右から左、上から下といった一方向に行いましょう。さらに、1度拭いたら、クロスのキレイな面に折り返して使う。これは、汚れやウイルスを再付着させないために重要なポイントです。


最後に、シート生地に消臭・除菌剤等をスプレーしておくと、効果はよりアップ。この時に抗ウイルス効果があるものだと、よりいいですね。



[写真]

というのは、菌とウイルスはまったく違うもので、抗菌剤はウイルスに効かないからなんです。


参考までに、カビや雑菌等は単体で増えることができます。つまり車内に付着した部分で増殖する可能性があるんですが、ウイルスは他の生物の細胞の中に入って寄生することで増殖するので、車内にあるだけでは増殖しません。


つまり、一番大切なことは、いかに体内に取り込まないようにするかなんですね。


そういった意味でも、車内空間をキレイにしてウイルスが体内に入らないようにしっかり除去することが重要なわけです。


そこで、車内にいる菌やウイルスをまずリセットするという発想で、カーメイトの『ドクターデオ』スチームタイプを使ってみてはどうでしょう。


本的な使い方は、エアコンを作動させた車内に置いて、缶のプッシュボタンをただ押すだけ。

[写真]

これだけで、消臭スチームがエアコン内部をとおって車内の隅々まで届きしっかりと効果を発揮します。


成分である安定化二酸化塩素は、除菌・消臭ガスを発生させることにより車内空間に広がって、悪臭成分を酸化分解し、ウイルスや菌に積極的に付着して除去してくれます。


リセットした車内の抗ウイルス効果を持続させたいなら、ドクターデオの置き型タイプやエアコン取付タイプを装着するといいでしょう。


徐々に除菌消臭成分を放出して車内を除菌。効果は約2~3か月持続してくれます。もちろん、抗ウイルス効果も発揮。また、シートや布製品を素早く除菌消臭、ウイルス除去したいのであれば、ドクターデオのスプレータイプが効果的。


マメな車内掃除+抗ウイルスアイテムを効果的に使うと、ちょっと安心してドライブできます。


次のコラムでさらにお手軽で安心なウイルス対策を紹介しますので、チェックしてみてくださいね。