ASAの、ただのクルマ好き 第244回 ボビーアンサーのRisloneイーグルが1/18で登場です!

操作メニュー
投稿日時
2020/06/29 22:33
[写真]

1968インディ優勝マシンのRislone Eagleが

1/18スケールミニカーで発売されましたよ


1967のインディ500で優勝できなかったSTPタービンカー。だんとつトップで走行していながら、あと残り4周の196ラップ目にベアリングが壊れてストップ。結局は、A.J.フォイトがドライブするコヨーテが優勝。2位はアル・アンサー。


トップがゴールした時点でのタイムで、ストップしたSTPタービンカーは196周を周回しており第6位。とっても悔しい思いをしたミスター500こと、アンディ・グラナテリは翌年にロータスのコリン・チャプマンと組んで、新しい秘密兵器のロータス56タービンカーを4台、ガソリンアレイに持ち込みました。


ロータス56は結構ヤバいマシンで、予選で30番のマシンが事故。ドライバーのマイク・スペンスは帰らぬ人に。また、70番に乗るはずだったジム・クラークもF2レースで事故死。代わりにグレアム・ヒルが乗ることに。



[写真]

本戦では70番にグレアム・ヒル。60番にジョー・レオナード。20番にアート・ポラードという3台体制。60番がポールポジションを取り、本線では70番が抜群の速さを見せます。


今度こそSTPチームに優勝トロフィーがやってくるのでは、という期待も残念ながら雲行きが怪しくなるのは中盤。なんとマシンにトラブルが発生して、3台とも戦線離脱。インディ500の優勝はそんなに甘いものではないことを、アンディ・グラナテリは思い知らされるのでした。


おっと、前置きが相当長くなりましたね。


ロータス56が消えたことで優勝が見えてきたのがRisloneイーグルをドライブするボビー・アンサーです。前年も型の違うイーグルで出走するも、9位に終わっていました。


そして1968年のマシンは、見事に優勝。ボビー・アンサーにとって初のインディ500優勝です。その後、70年代、80年代と3回も優勝しているボビーは、アメリカでは伝説的な偉大なドライバーなんです。

[写真]


日本じゃレーシングドライバーの社会的地位は、残念ながら高いとは言えません。インディ500ウイナーの佐藤琢磨も、日本ではそんなに有名じゃないですよね。


ところがアメリカではインディドライバーやNASCARドライバーは、敬意をもってみんなに愛されており、国民的な英雄といっても過言じゃないようです。


でもね。もう20年以上も前ですが、アメリカのレーシングカーパーツのイベントでワックスだかオイルだかのブースに、おじいさんがボーっと座っていて、なんだろうな?と思っていたら、そばにいたおっさんが、おー、彼は偉大なドライバーじゃないか!、とサインをもらいに行ったんです。で、名前見るとボビーアンサーと書いてあるじゃないですか。スーツ着て座っていると、本当にただのおじいちゃんでした。



 

[写真]

おじいちゃんと言えば、アル・アンサーも見かけたことがありますがおじいちゃんでしたね。アルはボビーの弟で、ボビーが1934年、アルが1939年生まれだそうなので、まだ70歳になっていない頃だったんですね。その割には老けていた印象です。


アル・アンサーは70年にインディ500に初優勝後、71年、78年、87年と4回もインディ500で優勝しているのだから、ビックリですよね。


おっとっと、話がすごくずれちゃいました。68イーグルのお話です。


レプリカーズのブライアンさんから、1/18スケールのRisloneイーグルが来週入荷するぞ、と連絡を受けたのが6月の前半。でも、コロナ真っただ中のアメリカ。本当に入荷するの?とちょっと疑っていたんです。ちなみにRisloneは約100年前の1921年に誕生したアメリカのカーケミカルメーカーで、いまでもエンジンオイル添加剤などを手掛けてます。



[写真]

で、いつもならすぐに予約するのに今回は直前でいいや、多分遅れるだろうし。と高をくくっていたんですね。ところが、しばらくしてチェックしてみると入荷済みじゃないですか。


急いでブライアンさんにメールすると、いつもならすぐにOK!といい返事をくれるのに、今回に限って、週明けに会社でチェックしてみないと可能かどうかわからない、という返事。


どうやら結構人気で、入荷と同時に注文が殺到したみたいなんですね。


週明けになっても返事が来ず、ヤキモキしているところにブライアンさんからメール。用意できたから、注文書をチェックしてねとあり、請求書もついてました。


で、もう一通メールが来ていて見たら、なんと発送済みでUSPSのトラッキングナンバーが記されているじゃないですか。まだ支払いもしていないのに、気の早いこと。もちろんすぐに支払いを済ませましたよ。



[写真]

ミニカーはすでにアメリカを離れているようなのですが、なぜかその後の追跡が出来ません。最近の国際郵便事情はちょっと混乱しているので、情報のアップが遅れているのかな?ま、今までアメリカからモノが届かなかったことはないので心配はしてません。


今週中には到着するかな。とっても楽しみです!



■67年型のV8NAエンジンからターボ化されて戦闘力がアップしたイーグル。ボディもスリムになってカッコいいですね。

[写真]



■これは実車の写真です。以前インディアナポリスのインディ・ホール・オブ・フェイムに行った時に撮影してました。もう少し写真撮っておけばよかったな。


隣に見える2番のマシンが、1969年に悲願のインディ500優勝をSTPチームにもたらしたブラウナー・ホークです。ドライバーはマリオ・アンドレッティ。彼にとって唯一のインディ500優勝です。