ASAの、ただのクルマ好き 第248回 ヘッドライトのバルブ交換をしてみました

操作メニュー
投稿日時
2020/06/30 16:50
[写真]

ライトを少し明るくしたくて

ロービームを4200Kの

ハロゲンバルブに交換しました


最近、明るいというか眩しいヘッドライトのクルマが増えたような気がします。ASAです。LEDヘッドライトの純正採用車が増えてきただけでなく、LEDヘッドライトバルブが安く出回るようになり、交換している人が増えたんでしょうね。


そこで、ヘッドライトを磨いてキレイになったので、少し明るいバルブに交換してみることにしました。


選んだのはH11の4200Kバルブ。そうハロゲンバルブのいわゆるホワイト系バルブってやつです。明るさは115Wクラス並みで、車検対応品。さらにECE規制適合品で、欧州車にも安心して使用できるとのこと。


本当は4000Kくらいで明るいものが欲しかったんですが、最近のLED人気でハロゲンバルブは種類が減って、選べなかったんです。というか、正直、安かったんでこれにしました。



[写真]

いやいや、そこじゃなくて選ぶんならいまならLEDバルブか少なくともHIDだろ、というあなた、確かにそうなんですが、あえてハロゲンにこだわってみたんですね。


昨年まで乗っていたJ32ティアナ1号は、純正のHIDヘッドライトでした。確かに明るかったんですが、じゃ、ハロゲンと比べて見やすいかというと、それほど差がなかった気がしたんです。


で、LEDの方はというと、よほど専用設計でそのヘッドライトに合わせていない限り、配光パターンが変わってかなり眩しくなって、対向車や前走車に迷惑をかける可能性が高いと考えたんです。


きちんと設計していると思われる純正LEDですらあれほど眩しいんですから、ただLEDバルブに交換しただけというのは、ちょっと考えもの。


で、考えた結果がH11 4200Kのハロゲンバルブというワケです。ま、純正のままでも良かったんですが、ちょっとスケベ心が出ちゃった、といったところです。

[写真]

バルブ交換なんて簡単! ちょちょいのちょいよ、と高をくくっていたら、オーマイガー!! ここでも日産車の整備性の悪さが光っていましたよ。


なんと、左側のバルブを交換するのにフェンダー内側のカバーを外さないといけないんです。しかも、奥の方にあるライト裏のカバーを外し、バルブ交換するのもすべて手探り。


なにしろ、見えないんですから。タイヤを外せば頭が入るので見えるかもしれませんが、バルブ交換のためにそこまでする気になれないので、隙間から手さぐり作業をしましたよ。 


おかげで汗まみれ。さらにフェンダー内の汚れで泥まみれです。

[写真]

右側は、まだ少しマシ。ラジエターのリザーブタンクと、ウォッシャータンクの上部パイプを外せば、上から作業ができるんですから。人間って不思議なモノで、実際には右側だって作業性は悪いのに、左側を先に作業したので、右側の作業性がとても良く感じちゃいましたよ。とほほです。


さて、バルブの交換自体は難しくありません。装着されているバルブのコネクターを抜き、バルブを90度くらい回転させるとすぐに抜けます。


装着はその逆で、バルブ表面に触れないようにしながらヘッドライトの穴に差し込んで、またカチッとロックするまで回転させれば固定OK。あとはコネクターを戻して裏ぶたをはめれば完了です。


交換時に気をつけたいのは、長期間バルブ交換をしていないとバルブについているゴム製のパッキンがヘッドライト側に残ってしまうこと。この状態で新しいバルブを装着しようとしても、パッキンが邪魔をして装着できませんのでご注意を。





[写真]

■赤い丸いリングがゴムパッキン。これがレンズ側に残っていないかチェックをお忘れなく。また、これを装着しないとバルブ固定にガタつきが出て、照射光がブルブルと震える原因になるので必ず使用しましょうね。

[写真]

交換が完了し、夜にヘッドライトをつけてみると、純正より確実に白く、明るい感じです。比較した写真を下記にあげておきますが、写真で撮っても確実に新しいバルブの方が白く、明るく映っています。


でもね、見やすさという点では純正のバルブの方がちょっと上だったような気がするんです。確かに明るいんですが、明るさと見やすさってなぜか違うんですよね。たぶん、雨の日などでは、その差が顕著に感じられます。


きっと、LEDバルブで白く眩しい光に喜んでいる人も、実際には思ったほど視認性が良くなく、明るくないな、と感じている人も多いのではないでしょうか。そこなんですよね。なんでもLEDにすればいいって発想は、再考しなくちゃいけないのでは? 


やはり光源に相応しい光ってあると思うんですね。どう思います?


おっと、また話がそれました。確かに明るくはなったけれど、見やすさは若干低下という結果。ま、苦労して交換したんで、しばらくこのまま乗って様子を見ることにします。

[写真]


■交換前の純正H11バルブ。ちょっと黄色めだけれど、なかなか見やすいので、このバルブでもう少し明るいのが欲しかったんですが…。

[写真]


■交換後のホワイトバルブ。かなり白い光になっているのがわかると思います。見た目にはいいんですけどね。


[写真]


■こちら交換前の照射状態。暗そうに見えますが、実際にはモノの凹凸がハッキリと視認できて、夜間走行でも安心です。

[写真]


■こちらは交換後の照射状態。明るく、白くなっているのがわかります。でもね、純正に戻した方が見やすいかなと思っちゃうんですよね。