七大戦2015③

操作メニュー
投稿日時
2015/09/23 15:40
[写真]

お待たせしました、いよいよ競技開始です。最初の競技はジムカーナ。うちの部が今年一番力を入れてきた競技だったので、かなり自信をもって競技に臨んでいました。


写真は森君のインプレッサ。七大戦出発直前に何を思ったかウィングを外すという超絶デチューンを施してきました。ガレージで見ていた時は目も当てられない醜態だと思っていましたが(ひどい)、ジムカーナ場に来てみるとなんだか様になっていますね。

[写真]

朝の慣熟歩行。うちの部ではここからすでに勝負が始まっています。

「1本目の慣熟歩行では絶対に先頭を歩け」という教えを今回もしっかりと守り、UTACの選手たちは競歩の選手もびっくりな早歩きで先頭を爆走していきます。もう木下とかについて歩くとくたくたに疲れてしまいます…。

歩いてみて思ったのは、結構高低差が激しいなということ。ブレーキングがなかなか難しそうな感じですね。

[写真]

ドラミを終えて、いよいよFFクラスから競技開始です。

気温が低くて路面温度が上がらず、思ったより路面は食わないみたいです。FFの最初の方の人たちは結構苦労しているみたいでした。

うちの選手たちはミスなく無難な走りで着実にタイムを残していきます。

1本目終了時で木下が2位、巧が3位とかなりいい位置につけました。何とか2本目で某特撮色のマシンをとらえてくれ…。

吉川も初めての大会にも関わらず、相変わらず飄々とした走りで暫定9位につけます。「2本目は踏みますよ~」との言葉を残してくれたので、2本目が楽しみです。

[写真]

一方の後輪駆動クラスは、うちから唯一の参加の熊倉さんです。

2年の時はFF,3年の時は4WDで出て、今年はMR。3年間で全駆動方式制覇はかなりレアなんではないでしょうか。

その熊倉さん、1本目終了後はこの表情。ミスコースでがちへこみしてました…。

[写真]

そして四輪駆動クラス。ようやく出番がやってまいりました。

前走者の北大エボがとんでもないタイムを残してくれたので、かなり気合が入りました。

その気合の入ったスタート、、、大失敗しました。もうね、エンスト寸前。ガタガタいいながら発進しました。これだからメタルクラッチは(八つ当たり)

インフィールドでは突っ込みすぎてアンダーの嵐、サブロクも車速を落としすぎて回せず、痛恨の2回引き。ぐだぐだの1本目でした。

これじゃあ北大エボに勝てるはずもなく、暫定3位。

出走前の森君にはアンダーに気を付けるようしっかりと伝えました。しかし森君もアンダー連発。まるで自分の走りを見ているよう…。暫定4位です。

走行終了後に2人で巻き返しを誓いました。

1本目で一番の見せ場を作ってくれたのが2年の大塚。次期主将です。今回は自らのSWでオープン枠での参加です。

パワーのあるSWを抑えながらの走行も、最後のスラロームでついに暴れだし、まさかの4脱、コース外のダートから戻ってきてそのままゴールと観客を大いに沸かせてくれました。https://www.youtube.com/watch?v=viflQj6Kxds

[写真]

さて、少しページが余ったので番外編

今回の七大戦期間中にブローしてしまった巧の100円のサンダル。普通ならもう捨ててしまうところですが、ここは自動車部。タイラップを使って完璧に直してしまいます。いやぁ、タイラップの偉大さを改めて実感しました。これでこのサンダルもまだまだ使うことができそうです。