七大戦2015⑥

操作メニュー
投稿日時
2015/09/27 17:28
[写真]

【9月18日】

いよいよ七大戦も2種目目、ダートトライアルを迎えます。ようやく僕の本業がやってまいりました。

うちの部も今年はダートに向けてしっかり準備をしてきました。走る選手6人は全関、全日ダートで丸和での大会の経験を積み、オートランド千葉にも足しげく通いました。

ダートで走る車両はジムカーナから総入れ替えで、ミラージュアスティ、レビン、エボ5の3台体制です。

前日からの雨の影響で、当日こそたまに小雨が降る程度だったものの、路面は完全なウェット。そこかしこに水たまりがあるようなコンディションでした。なんか僕が丸和での大会に出るといつもウェットな気がします…。まぁそのおかげでウェットも割と得意なので、意外とラッキーだったかも。

[写真]

朝のドラミ。みんな眠たそうにしてますね。昨日の夜騒ぎすぎたんじゃない?

[写真]

1本目。先陣を切ってスタートするのはレビンを駆る2年大脇。体格通りのビッグマウスとは裏腹に、走りはむちゃくちゃ慎重で丁寧です。安定した走りで完走を目指します。

レビンでダブエンは同じ2年の吉川。大脇とは対照的にひたすらアクセルを踏みぬきます。ジムカーナでも印象的な走りを見せてくれたので、ダートの走りにも期待がかかります。

[写真]

もう1台のFFはミラージュアスティ。実はこの車、東北大車部の関係者の方から購入させていただいた車なんです。その節は大変お世話になりました。

ドライバーは3年の木下と巧。ジムカーナでFFクラス2,3位に入った二人です。2人にはダートでもポイントゲッターとしての活躍が期待されます。

1本目は木下に軍配。1位にコンマ3秒差の2番手タイムを叩き出します。一方の巧も4番手と好位置につけ、1本目を折り返します。

[写真]

さて、ようやく出番が回ってまいりました。僕のエボ5も七大戦初出走です。自分の愛車、さらにホームコースの丸和とあって負けるわけにはいきません。

タイヤは念のために持ってきていた6年落ちの74R。まぁ未使用品なので食ってくれることでしょう。勝負タイヤとして持ってきていたA053はこのコンディションでは出番はなさそうです…。

部員に激励を受け、気合十分で1本目をスタートします。

[写真]

ジムカーナで失敗したスタートも今回は完璧。水しぶきをあげながらストレートを突っ走ります。水たまりに入るたびに車内でもウォータースプラッシュ!すでに足元はびしょびしょです…。そのままS字に3速で突っ込みます。S字も水たまりが多くてインにはあまり寄せられないかなー。S字を抜け、3から2にシフトダウン。ここで2速に入らない。おまけに水しぶきで前が全く見えない。焦った僕は、左手をシフトレバーではなくワイパースイッチに伸ばしてしまいます…。何をやっているんだ…。慌てて2速に叩き込むも大失速。その後の象の鼻はパニクって全く記憶がありません。象の鼻を抜けた後のコーナーが今回のコース攻略のポイントだと思っていたので、ここでまた冷静になり、しっかりスピードを落としてコンパクトにまとめ、裏ストレートの車速を伸ばします。大ヘアピンは問題なしも、ヘアピンでのサイドターンを決めた後再び2速に入らずシフトミス。その後は無難に走ってゴール。

結構失敗しちゃったなー。それでも部員が笑顔でガッツポーズして駆け寄ってきます。2位に5秒差のベストタイムでした!やったー!

最後に僕のエボでダブエンのウブちゃんの出走です。正直自分が走るときよりも緊張しました。なにせウブちゃん、エボで初丸和です。ウブちゃんなら大丈夫と分かってはいるものの、やっぱり横転しないかドキドキです。祈るような気持ちで見ていましたが、無事帰って来てくれました。ところがタイムを読み上げられない。光電管トラブルでまさかの再出走です。ほんとうならラッキーなんでしょうけど、僕にとっては心配が増えて素直には喜べませんでした…。

でも大丈夫。2本目も無事に帰って来て、4番手タイム。なかなかの位置につけます。



さて、1本目は無事にみんなタイムを残し、勝負は運命の2本目へ。