ASAの、ただのクルマ好き 第46 回  中古車買いました その5:エアコンフィルターが完全に詰まっていた!

操作メニュー
投稿日時
2016/03/20 23:54
[写真]

10年間1度も交換されていなかった

と思われるほどひどい汚れにビックリ

 

エアコン内部クリーニングと同時に、エアコンフィルターも交換することにしました。最近のクルマのエアコンには、家庭用のエアコンと同じように通過する空気の汚れをろ過するフィルターが装着されています。そしてこれも家庭用のエアコンと同じように、フィルターが汚れで詰まると効率が悪化し、悪臭が出ることになるんですね。

 

家庭のエアコンフィルターは大体2週間から1か月おきに掃除するのが理想。ほとんどの家庭では少なくとも半年以内にはフィルターの掃除をしていると思います。そのたびにフィルターの汚れに驚くに違いありません。でも、クルマのエアコンフィルターはどうでしょう。1年おきの交換が理想ですが、替えたことがない方もいるのではないでしょうか? なかには、クルマにエアコンフィルターが装着されていることすら知らない方もいるようです。

 


[写真]

で、買った中古車のエアコンフィルターを外してみてビックリ。どうやら前オーナーは、エアコンフィルターの存在を知らなかった一人のようです。とにかくいままでここまでィルターが汚れで詰まっているのを見たことがありません。ドロドロと言ったらいいのでしょうか。フィルター自体が分厚く汚れでコーティングされている感じでした。新品のフィルターと並べてみると、その汚れのひどさがよくわかります。

 

新品のエアコンフィルターを装着してエアコンを入れると、いやなニオイが大分消えたではないですか。ま、当然といったところかもしれませんが。とにかくクルマのエアコンフィルターは少なくとも1年に1回は交換しましょう。それだけで車内の環境は大きく改善されるはずです。エアコンを本格的に使用する時期が間もなくやってきます。ぜひ、その前にやっておくといいですよ。

 


[写真]







エアコンフィルターを交換するには、まずグローブボックスを外してエアコンユニットがある部分を露出させなくてはいけません。グローブボックスは簡単に外せるもの。ねじを外さなくてはいけないものなど、車種によって異なるので、ネット等でチェックしてから作業してくださいね。

[写真]



中央に見えるのがエアコンユニットです。ウイングロードでは、フィルターは水平に平らに入っているのではなく、垂直に立てて入っています。交換もちょっと面倒ですが、素人でもやってできないことはありません。


[写真]




こんな感じで縦に入っています。新品を入れるときは、古いものを抜いた時と逆にすれば入ります。上部を少しつぶしてから入れるとスムーズに入るようです。