七大戦2016④

操作メニュー
投稿日時
2016/09/24 21:59
[写真]

少し間が空きましたが、七大戦シリーズ第4弾。

ジムカーナ2本目!

まずは午前中10位の矢板。
午後になって多くの人がタイムアップを果たす中、「2本目は攻めます」と力強い言葉を残してスタート。
果敢に攻めて2秒近くタイムアップするも、順位アップには至らず、他の走者の走りを待つことに。

[写真]

FF二人目の大脇。
涙の午前中1本目から、午後は余裕が生まれたのか自信の表情。2位以下は大混戦なので、好タイムを出して後の走者にプレッシャーを与えたいところ。
1本目のミスを確実に修正して、暫定2番手タイム!今度は笑顔でのゴールになりました。

[写真]

そして1本目トップの巧。
2本目の出走までトップの座を譲らないままスタート!
写真からも伝わる限界ギリギリの攻めっぷり。
2本目も圧巻の走りで、自身のベストタイムをさらに更新するスーパータイムを叩き出します!もう凄すぎです笑。

結果、巧はぶっちぎりの優勝、大脇も3位に食い込み、表彰台に二人が乗ることに!
矢板も16位と、ポイント圏内にギリギリ滑り込み、初めての七大戦でポイント獲得です!

[写真]

リア駆動の木下。
1本目の3位から巻き返しを誓ってのスタート。
前半は素晴らしい走りを見せるも、最後のターンセクションで痛恨のロスタイム。
タイムは若干更新するも、順位は変わらず3位でフィニッシュ。
こちらも表彰台獲得です!

[写真]

そして四駆。
午前中のワンツーを守りたいところです。
まずは森。2本目も森らしい安定した走りで、着実にタイムを削っていきます。
ターンセクションも完璧に回しきり、自身のベストタイムをコンマ5秒ほど更新してゴール。後の走者の結果を待ちます。

[写真]

最後にラス前ゼッケンの僕がスタートです。
出走前の段階で暫定2番手、あとは森を抜けるかどうかのほぼ一騎打ち。密かに闘志を燃やしてました笑。
1本目は置きにいった走りだったので、2本目は攻め切ると決意してスタート!
相変わらずのガクガクスタートも、今までで一番のスタートだったかな?
ターンもストール寸前の下手くそだけど、インフィールドは縁石ガンガン使って目一杯攻め、ターンの遅れを取り返す作戦!
最後のターンセクションまではイケイケでかなり乗れてたはず。が、最後のターンで盛大にミス∑(゚Д゚)。結果森には1秒届かず無念の2位。

さっき動画比較したら最後のターンセクションまでは森をリードしてた…。悔しすぎる…。

でも東大でワンツーを獲れたので、チームとしては最高の結果になりました!

[写真]

終わってみれば東大から出走の6人中5人が表彰台、3クラス中2クラスで優勝と素晴らしい結果になりました!
ポイントでも他の大学を遥かに引き離すぶっちぎりのトップに!
去年のジムカーナでの雪辱を見事に晴らすことができました。

表彰台、みんな嬉しそうです。

[写真]

そんな選手に恒例のバシャン!笑
盛大に祝福を受けます。

[写真]

ビショビショになってもいい笑顔です。
賞品のダンロップタオルの出番がすぐにやってきます笑。

[写真]

四駆優勝の森くんも嬉しそう。
なぜか後ろから写り込もうとする木下(笑)。


今回はここまで、次回は二種目目のダートトライアルです。漸く僕の本職がやってきました。ではまた。