第165回 アルファロメオ4Cスパイダー(最終回)

操作メニュー
投稿日時
2016/09/28 22:14
[写真]

(前回の続き)それからの数日間はアルフィスタである私にとってはまさに夢のような時間でした。軽量なピュアスポーツにも関わらず、エアコンやオーディオなどの快適装備を我慢せずに済む4Cスパイダーは、荷物を積むことを諦めれば、これ1台でデイリーユースを賄えるだけの実用性を備えていました。車高が低く、ノーズが長いため神経を使う場面はあったことも事実ですが、それを除けばまったくストレスはありませんでした。

走り良く、快適で、最低限の実用性を兼ね備えた美しいアルファロメオ・・・クルマ好きにとってはこれ以上何を求めるというのでしょうか? 一目惚れした美女が、実際につき合ってみても素晴らしい女性だったというような具合で、私はすっかりこのクルマに惚れ込みました。。もちろん、些細な欠点はなくもないのですが、美点のほうが遥かに勝っているため、そうした小事はまったく気になりませんでした。

[写真]

1つだけリクエストさせてもらえるなら、できればMTを追加してほしいことだけです。デュアルクラッチATのTCTは非常に完成度が高く、変速も鋭いので、ヘタなMTよりもスムーズにシフトが決まるのですが、それでもやはりピュアスポーツはMTで運転したいのが人情です。

それに1台を長く乗老と考えている人や、私のように10年後に安くなってから中古車の購入を狙っているような人間にとっては、やはりコンベンショナルなMTのほうがトラブルのリスクが少ない分、安心感があります(10年オチのセレスピードの実情を考えると・・・)。

国内導入当初は設定があったミトやジュリエッタからもMTが消え、TCTのみの設定になった現状を考えれば望み薄ですが、それでもできるなら4CのようなクルマはMTで乗りたいという気持ちがあります。ない物ねだりなのは承知でFCAにはMTの追加をぜひお願いしたいですね。

800万円オーバーのプライスは絶対的には高価ですが、クルマとしての内容を考えれば大バーゲン。ゆとりのあるエンスージアストにはぜひ積極的に選んで欲しいアルファ渾身のピュアスポーツです(了)。


(スペック)
全長×全幅×全高:3990×1870×1185mm、ホイールベース:2380mm、車両重量:110kg、駆動方式:MR、エンジン:1742cc直4DOHCインタークーラー付きターボ トランスミッション:Alfa TCT(6速DCT)、最高出力:240ps/6000rpm、最大トルク:35.7㎏-m/2100-4000rpm、乗員:2名 価格:806.76万円