第167回 タイヤプリント(後編)

操作メニュー
投稿日時
2016/09/28 23:33
[写真]

(前回の続き)施行手順は前回お伝えした通りですが、作業に当たっては当たってはタイヤを入念に洗浄して油分と汚れを徹底的に除去する必要があるため下準備に手間がかかります。今回は車両を持ち込みましたが、通常は車両からタイヤ&ホイールを取り外して1週間ほど預かりになるそうです(タイヤを脱着できない or 外した状態で車両を保管できない方はお店に相談して下さい)。

担当の山本哲平さんによると、タイヤは新品よりもある程度走って“慣らし”が終わったタイヤのほうがインクがよく馴染むとのこと。定着力のあるラバー塗料を使用しているので、乾燥後は縁石などでサイドウォールを擦らない限り、プリントが剥がれてしまうことはほぼないそうです。

[写真]

また、施行後の手入れも簡単で、汚れがひどくなる前に洗剤に浸したぞうきんやスポンジで洗ってやるだけで、1年以上は美しい状態を保つとのことでした。ただし、プリント面を犯してしまうのでタイヤプリンターの施行後はタイヤワックスなどのケミカル剤はNGです。

[写真]

1本当たりの施行料金はリボンタイヤで2000円から、ワンポイントロゴで5000円からとなります。イラストなどを全面に描いた場合でも、デザイン料込みで1台分5〜6万円程度で収まるそうです。愛車の足下をオシャレに彩るタイヤプリントは、これからブームになることは間違いないでしょう。

プリント可能なタイヤは12.5〜34インチまで。クルマ以外にもバイクや自転車にも施行ができ、タイヤプリントを施した看板屋オブジェの制作などもできるので利用範囲はとても広く、可能性じゃ無限大! オシャレの基本は足下から! ほかのクルマと差別化を図るならタイヤプリンターで決まりです!!(了)


●タイヤフィッター武蔵村山店
住所:東京都武蔵村山市神明4-122 TEL:042-843-5245  定休日:不定休 営業時間:9:00〜20:00(平日)/9:00〜18:00(日曜または連休最終日) HP:http://www.tire-fitter.co.jp

●株式会社エルエーシー
http://laccorp.com