第182回 徳大寺さんの愛したカレー(6)

操作メニュー
投稿日時
2016/09/30 16:21
[写真]

(前回の続き)通常、カレーはチェーン店で300〜1000円。街の洋食店で700〜1500円、高級レストランやホテルで1500〜3000円程度が相場でしょう。

徳大寺さんが川奈ホテルでロブスターカレーに遭遇したのは、今から四半世紀も前のことですが、バブル前後という時代を考えてもカレー1杯に7000円というのは高すぎる印象です。

徳大寺さんはスパイスが強力なカレーに淡白なロブスターが合うと思えず、客単価を引き上げるために高価なロブスターを使用したものと判断したようです。徳大寺さんが激怒したのは、川奈ホテルのような一流ホテルがらしくない儲け主義に走ったと感じたからだったのでしょう。

事実、支配人が来ると徳大寺さんは「カレーに無理にロブスターを使うなんて、お宅らしくないと思う。お宅は自他ともに認める一流ホテルのはずだ。そういう一流の店ならば、料理の常識的な値段というものを知っているはずだ。それが、こんな非常識なメニューを出すから解せないのだ。もしこれが二流の店なら、私はあきらめて食べるか、もっと安いものを注文する。一流のお宅がやったから腹を立てたんだ」と淡々と諭したとのこと。

「恥入ります」と頭を下げた支配人は、徳大寺さんのために特別にビーフカレーを作ってくれたそうです。それはとても美味しくて気分もだいぶなごんだとのことでした(続く)。

写真:川奈ホテルHP http://www.princehotels.co.jp/kawana