第196回 VWパサートGTEヴァリアント アドヴァンス(最終回)

操作メニュー
投稿日時
2016/10/03 23:05
[写真]

(前回の続き)そろそろ結論を申しましょう。よりカッコ良く、よりスタイリッシュに進化したパサートですが、パサートはどこまで行っても所詮はパサート。残念ながらゴルフのような強烈な個性やブランド力は微塵も感じられませんでした。ハッキリ言ってしまえば、このクルマはゴルフを膨らし粉で大きく膨らませたようなクルマでしかなかったわけです。その意味では、試乗前に私が勝手に抱いていたニューパサート像はハズれていたことになります。

ただし、PHVのGTEは個性の薄いパサートのキャラクター性を補完するのに有効です。GTEならではのギミックはそれなりに魅力がありますし、EVモードの静粛性はこのクルマならではの大きなメリットになります。

「クルマに個性や強い自己主張などいらない。とにかく実用車としてよくできたDセグがほしい」という人や、「見栄が貼りたいので立派そうに見えるドイツ製の新車が欲しいけど、ベンツを買うほどお金がない」という人には、ガソリン車のTSIトレンドラインやコンフォートラインがよろしいと思います。でも、「フツーのパサートでは物足りない」という人には、GTEという強いキャラクターで商品力を増したGTE、それも装備が充実したアドヴァンスがオススメです。

そうでない人・・・例えば、ゴルフ的な何かを求めている人は、結局のところゴルフを買うのが最良な選択なのかも知れません(了)。

(スペック)
全長×全幅×全高:4775×1830×1500mm、ホイールベース:2790mm、車両重量:1790kg、駆動方式:FWD、エンジン:1394cc直4DOHCインタークーラー付きターボ トランスミッション:6速DSG、最高出力:156ps(エンジン)/5000〜6000rpm+116ps(モーター)、最大トルク:25.5㎏-m(エンジン)/1500-3500rpm+33.6㎏-m(モーター)、乗員:5名 価格:599.9万円