ASAの、ただのクルマ好き 第130回 ドイツからやって来た精密なスロットカーキット

操作メニュー
投稿日時
2017/10/31 23:59
[写真]

FEIN DESIGN製の

精密なスロットカーキット


スロットカーって知っていますか?ASAです。スロットカーは1960年代に登場したクルマの模型にモーターを搭載し、溝(スロット)切ったコース上で走らせてレースをする遊びです。


今までに何度もブームが来ては去っているのですが、60年代から一貫して続けているマニアの方々もいます。みなさん、60歳前後で、その気合の入り方は半端じゃありません。


昔はおもちゃのようなクルマを走らせていたのですが、現在のスロットカーレーシングで戦っているマシンは、そのまま飾りたくなるような美しい仕上がりのモデルカーばかり。特に1/24スケールのマシンたちの美しさは抜群です。


そんなマシンたちは、ほとんどがプラモデルをベースに仕立て上げられたものが中心ですが、スロットカー専用に作られたキットによるものもあります。今回紹介するキットはそんな1台です。

[写真]

ドイツのFEIN DESING MODELL製キットは、美しいディテールのボディや細かなパーツ類、仕上がった時の精巧さで多くのファンを持っています。その分値段も高いのですが、完成車を所有する満足感を考えると、リーズナブルと言えるのではないでしょうか。


また、FEINのキットは完全に少数数量限定で再生産もされないので、買い逃すとなかなか手に入れるのが大変です。ほとんどの場合は古いキットは手に入れることは不可能と言ってもいいでしょう。そのために、ちょっと高くてもマニアは買い急ぐみたいですね。


今回紹介するチャパラル2Gのキットは、現在入手できるものです。チャパラルはスロットカー好きの人たちにとってはまさにドストライクの1台。しかもこの2Gはリヤがオーバーフェンダーとなっているので、速さを追求する人には高い戦闘力を発揮することでしょう。

[写真]



■張り出したオーバーフェンダーが迫力です。



美しく仕上げるには少々技術が必要ですが、腕のあるモデラーなら仕上げ甲斐のあるキットであることは間違いありません。


ちなみに、マニアの方々は抜群に美しく仕上がったFEINのマシンでガンガンに攻めてレースをしています。正直信じられません。


ぶつかって壊れたらどうするのかって? プロモデラーに作ってもらっている人は、修理に入れるんです。まるで実車のレースみたいですね。


スロットカー好きなら、1台は作ってみたいキットなのではないでしょうか。チャンスがあれば是非トライしてみてくださいね。


[写真]



どうです、抜群にいいカタチでしょ? ちなみにFEINのキットは友人に頼まれて何度か輸入していますが、自分用には持っていません。ボクにはハードルが高すぎなもので。

[写真]