ASAの、ただのクルマ好き 第136回 真冬のウインドウ凍結防止に役立つ撥水コーティング

操作メニュー
投稿日時
2017/12/31 23:25
[写真]

フロントウインドウの撥水コーティングで

朝一番にスムーズにスタート!


早朝にクルマで出かけようとクルマに乗り込んだところ、フロントウインドウが凍り付いていて困ったことはありませんか?ASAです。毎朝、スクレイパーで削るのが面倒、と嘆いている方もいるかもしれません。そんな方に試してもてもらいたいのが、フロントウインドウの撥水コーティングです。


いや、撥水じゃなくて凍結なんですけど?とおっしゃる方もいるでしょう。でもこの撥水が凍結を防止、あるいは格段に低芸させてくれるんですね。フロントウインドウの凍結の原因はガラス表面の結露。簡単に言えば、夜寒くなってくると寒暖差でガラス面に水分が結露するんです。で、それが急激な朝方の気温低下で凍っちゃうんですね。


だから、フロントウインドウに結露が発生しなければ凍結も起きないというワケなんです。

[写真]

今回は、簡単な実験をしてみました。フロントウインドウの運転席側だけ発撥水コーティングを施工。助手席側は未施工だと凍結にどのくらい差が出るかチェックするというものです。


今回は手持ちの塗り込みタイプレインXを使いました。別にスプレータイプでも、シリコン系でもフッ素系でも使用する撥水コーティング剤は何でもいいでしょう。


さて、コーティングを施した翌朝はかなりの冷え込み。通常ではフロントウインドウは真っ白に凍り付いていて、なかなか駐車場から出られない状態です。どんな状態になっているかワクワクしながらクルマを見に行くと。おー、見事にハッキリと差が出ていました。


助手席側はガチガチに白く凍結していたのに対し、運転席側も凍結はしているもののその程度は軽度。簡単に拭き取れるレベルじゃないですか。この効果はばっちり。フロントウインドウの凍結防止に撥水コーティング。簡単なので、皆さんも是非試してみてくださいね。

[写真]

■運転席側と助手席側の凍結具合は、1枚目の写真と比較しなくても一目瞭然です。

[写真]

■今回ウインドウの撥水コーティングに使ったのはスーパーレインX らくヌリ・スーパー。使い勝手はいいです。

[写真]

■撥水コーティングをしても完全にウインドウの凍結を防げるわけではありません。凍結した場合は、解氷スプレーを使うと簡単に融かすことができます。いきなりワイパーを使うと、ワイパーブレードをダメにする可能性もあるので気をつけましょう。