ASAの、ただのクルマ好き 第138回 ドイツ人も欲しがるケッテンクラートのレジン製キット 

操作メニュー
投稿日時
2017/12/31 23:44
[写真]

1/24スケールでキット化された

Sd.Kfz.2 ケッテンクラート


国籍、人種を問わず共通していること。それは、オタクが自分が好きなモノに関する情報収集能力に優れ、それを手に入れるためにはあらゆる努力をするということでしょう。ASAです。たとえば日本限定のミニカーやおもちゃ、模型について、なんでそんなこと知っているの?というようなことまで調べ、手に入らないかい?と連絡してくる海外の友人がいるんです。まだ発売前のものや、発売直後のアイテムについて、本当によく調べるなと感心しちゃう程です。


で、11月末にドイツの友人からメール。こんな内容でした。”添付の模型が手に入らないかい。1/24スケールのケッテンクラートなんだけど、手に入るなら1つ送ってくれないか。”


あのケッテンクラート? 第二次世界大戦中にドイツで使われていたハーフトラックだろ。模型ならいろいろ出てるはずだし、ドイツでも売ってないの?




[写真]

■これはタミヤ製1/48 スケールのケッテンクラート牽引セット完成サンプル。ケッテンクラート:大戦中にドイツ軍が多用したハーフトラックの中で、本来空挺部隊用として開発された小型多用途牽引車です。優れた路外走破性と牽引能力を活かし、火砲やトレーラー、そして航空機の牽引などに使われました。(タミヤWEBより)



ファイルを開けてみると、F1マシンやレーシングカーのレジンキットで有名なスタジオ27が展開している、ミリタリー専用ブランドのFOXモデル製オリジナルキット第一弾 No.K024001 1/24 Sd.Kfz.2 ケッテンクラート & Sd.Anh.1とあるじゃありませんか。税込価格も23100円と高額。しかし、いろいろ調べてもどんな構成のモデルなのか詳細がわかりません。


[写真]

WEBからわかったことは、1942年頃前期生産型で;可動ハンドル/カシメ式可動履帯/開閉選択式エンジンフード エンジンパーツの再現/ゴムレジン製タイヤ付属/人気のマーキングを網羅したデカール。


さらに、レジンパーツ/メタルパーツ/クリアパーツ/エッチングパーツ/デカール/ウッドパネル/ゴムレジン製タイヤ等のマルチマテリアルキットだということ。全長:127mm×全幅:41mm と結構小さいことがわかります。まあ、もともとがバイクの後輪をクローラー(キャタピラーですね)にしたハーフトラックなので、本物もそれほど大きくないに違いありません。


これで2万円を超える価格ということは、かなり精密なのか少量生産なのか。ドイツ人が欲しがるくらいなのだから、きっと良くできたキットなのでしょう。ま、ボクは正直あまり興味がないのでここまで高額だと買う気はおきません。でも、代理購入であれば気軽に購入できます。



[写真]

あれこれ思いめぐらせているうちに、どんなキットなのか中を見てみたいという衝動にかられ、世界中のミリタリーモデルキットを取り揃えている近くのホビーショップに直接行って内容を確認しつつ購入しに行きました。


ところが、豊富な在庫を誇る店で、いろいろなケッテンクラートキットが置かれていたにも関わらず、お目当てのキットは見つからず。お店のスタッフに聞いてみると、やはり高額なので発注していないとのこと。実物も見たことが無いというんです。


スタッフはすぐにメーカーに在庫を確認してくれ、発注すればすぐに手に入れられること教えてくれました。家に戻ってからWEBで買うこともできたのですが、ここまで聞いてもらってそれは悪いかなと思いその店で注文することにしました。お店で購入すると定価ですが、万が一キットに不備があった場合でもスムーズに対応してくれるでしょうし、さらにお店のポイントも貯まります。手数料としてこのくらいもらってもいいでしょう。ダメ? 

[写真]

キットはすぐに来ました。箱はコンパクトでしたが、中にはメタルパーツなど細かなパーツがかなり入っています。クローラーも自分で組み立てるタイプ。小学校の頃に作ったタミヤのタイガー戦車のキャタピラーを思い出しましたよ。作るのが大変で、しかもちゃんと動かない。再版版ではモーターライズではなくなり、キャタピラーも一体成型になっていたっけ。話がそれました。


本音を言ってしまえば、やっぱりちょっと高いんじゃないかな?と思いましたよ。でも、オタクにとっては価格はそれほど重要なことではないのかもしれません。ボクもファンなら間違いなく買っていたことでしょう。


注文主は喜んだかって? じつはクリスマスまでに到着するようにEMSで送ったのですが、ドイツに到着後、税関でストップ。クリスマス休暇じゃないだろうな、と疑っていたのですが税関を出たのがなんと29日。ほぼ10日も足止めを食い、クリスマスに間に合わなかったようです。で、現在も届いたという連絡はなし。到着は年越しになりそうです。



[写真]

ま、楽しみは先に延びてもワクワク感が無くなることはありません。もう少しで到着すると思うので、楽しみに待っていてね。




■ゴムタイヤやウッドパーツも少量入っていますが、一体成型のボディのみレジンであとはホワイトメタルパーツがぎっしりです。レジンキットというより、メタルキットといったほうがいいくらい。

[写真]

■デカールも数種類に作り分け出来るようですね。

[写真]

■クローラー以外のホワイトメタルパーツもたっぷり。

[写真]

■エッチングパーツはこんな感じです。