ASAの、ただのクルマ好き 第178回 簡単に装着できるヘッドアップディスプレーです

操作メニュー
投稿日時
2018/10/30 18:45
[写真]

取付簡単で多くの情報を

ヘッドアップディスプレーに表示できます


クルマのメーターちゃんと見ていますか? ASAです。走行時の速度だけでなく、クルマのコンディション等をチェックするためにも、クルマの車載メーターは運転時にチェックしたいものです。


でも、前方の安全を確認しながらマメにメーターをチェックするというのも意外に大変。一瞬でも視線を動かすというのは、その間の前方確認をしていないということですからね。


で、以前からちょっと高いクルマにはヘッドアップディスプレーが装着されてました。フロントウインドウに速度やエンジン回転等が表示されるものです。基本的には、メーターナセル上部に投射器があって、ウインドウ内に内蔵されたフィルム部にその投射像が反射して、あたかもウインドウに数字や像が浮かんで見えるというものです。





[写真]

以前は、ウインドウにフィルムを貼ることで投射像を反射させるタイプがアフターマーケットでも用意されていたのですが、フロントウインドウにフィルム等の貼り付けが規制されたために、フィルムタイプはなくなってしまいました。


その代わりに登場したのが投射スクリーンを装備した後付けタイプのヘッドアップディスプレーです。ちなみにメーカー純正のヘッドアップディスプレーもこのタイプが主流になってます。


今回紹介するのは、HUDネオトーキョー OBD-X1という製品です。これは、取り付けが簡単な割に多くの情報を簡単に表示できる優れモノなんです。なんと、センサー類や電源配線等への難しい接続は一切不要。OBDⅡコネクターに差し込んでダッシュボード上に固定するだけで装着完了なんです。


これだけで、運転視界に速度計/回転計/水温計/バッテリー電圧/時計等、多彩な情報を切替えて投射表示できちゃうんです。


しかも、夜間はもちろん晴天の日中でもクリアな投射像を実現している点も特筆。これならメーターに視線を移動させることなくいつでも車両の情報をチェックすることができます。


安全運転の上でもこんな装備を取り付けてみてはいかがですか?



■MOJI

HUDネオトーキョー OBD-X1

参考価格:1万9800円