ASAの、ただのクルマ好き 第193回 アルピーヌA110は体にピッタリのスーツみたいです

操作メニュー
投稿日時
2019/01/31 22:42
[写真]

拍子抜けするくらい

普通に運転出来ちゃいます


スポーツカーはお好きですか?ASAです。免許をとったころからクルマで走り回るのが大好きで、スポーティなクルマにはずっと憧れてました。チューニングカー雑誌、「OPTION」編集部に在籍していたころはハイパワーなクルマに散々乗り、自分のクルマもバリバリに改造していたほどです。


スピードの魔力はクルマ好きを魅了し、ついついのめり込んじゃうんですね。


でも、さすがに歳とってくるとガチガチの足回りのクルマや体がきしむようなハイパワー車は厳しいもの。さらに最近のクルマはクラウンですら300馬力オーバー。こうなってくると、もはや普通のクルマでも十分に速くて不満はありません。


贅沢な話ですが、クルマ全体が高性能化してきたのに対して、クルマへの欲求が薄れて行っているのも確かです。変な話、あんまり乗ってみたいクルマがないなぁ、というのが最近の心境だったんですね。

[写真]


ところが、ひさびさにちょっと気になるクルマが現れました。アルピーヌA110です。


ご存知のように新型アルピーヌA110は、1960年代前半から1970年代後半まで作られていたRRスポーツカーであるアルピーヌA110のリバイバルモデルです。


初代モデルは、アルピーヌ社がルノー・ドゥファンやR8をベースにFRP製ボディを架装したスポーツカーです。ボディサイズは全長約3.8m×全幅1.46m×全高約1.1mとスズキ・カプチーノよりちょっと大きいだけの、軽自動車に近いコンパクトスポーツカー。車重もモデルにより違いますが800kg前後と軽量でした。


小型軽量とRRの強力なトラクションを武器にラリーでは抜群の速さを披露。1973年には初代のWRCマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得しているほどです。


この初代マシンのイメージを踏襲して作られたのが新型のアルピーヌA110なんです。

[写真]

素晴らしい歴史を持つA110の再来マシンということもあり、新型のA110もかなり凝ったクルマに仕上げられています。


252ps/320Nmを発生する1.8L直4DOHC直噴ターボエンジンをミッドシップに搭載。ボディサイズは全長4200×全幅1800×全高1250mmと初代より大型化していますが、アルミや樹脂製パネルによるボディは約1.1tと軽量に仕上げられています。


試乗車はゲトラグ社製7速DCT。軽量でハイパワーなエンジンを搭載したミッドシップスポーツカーとなると、運転するのも気難しいのでは?と思っちゃいますが、じつは拍子抜けするくらい運転しやすいんです。


タイトなサベルト製フルバケットシートは、シートスライドはするもののリクライニングしません。でも、シートポジションはドンピシャです。こういったイスはなかなか日本車ではお目にかかれません。


エンジンをかけるとどすが利いた排気音。ちょっと不機嫌気味な音です。

[写真]

ボタンを押してギヤをDに入れ走り出すと、まったく自然にスルスルと動き出すじゃありませんか。パワーステアリングやブレーキなどの操作系もじつにナチュラルで気持ちよく、ストレスをまったく感じません。こんなに気持ちよく動くクルマはなかなかありません。


乗り心地も抜群に良く、ゆっくり走っているとスポーツカーというより良くできたラグジュアリーカーといった感触なんです。


でもひとたびアクセルを開けると、強烈に加速をしてくれます。このギャップ、まるでジキル博士とハイド氏といったところでしょうか。


ちょっと気になったのはエンジンの吹け。なんとなく重いんです。後に試乗した同じエンジンのメガーヌRSではもっと洗練された印象を受けたので、セッティングの違いか、日本のガソリンのオクタン価がうまく合っていないのかもしれません。


この辺りは調整次第で何とかなるはずなので、是非ともキレイに気持ちよくエンジンが回る様にして欲しいものです。


[写真]

軽量のアルミボディはデザインも抜群。乗り心地やハンドリングも優秀。静粛性も○。もちろん、エンジン性能も不満なし。こんな素敵なクルマを嫌いなクルマ好きはいないことでしょう。


えっ、荷物が入らない? 確かにラゲッジスペースはミニマムです。でも前後にわずかながらラゲッジスペースがあるだけ立派だと思います。車内にカップホルダーがなくても、飲み物を飲みたかったら停まってカフェに入ればいいじゃないですか。


ただ純粋に走るだけのクルマ。4日間ですがA110と至福の時を過ごすことが出来ましたよ。ま、ちょっと妻を乗せたら不満そうでしたが・・・。


価格は約800万円。これだけあれば買えるクルマはたくさんあるでしょう。でも約800万円で買える欲しいクルマはコレ!といっていいのではないでしょうか。


お金持ちになって買いたいな~。

[写真]

[写真]

[写真]

[写真]

[写真]