ホンダ、倒れないバイク「Honda Riding Assist」がCES2017で3つの賞を受賞

操作メニュー
投稿日時
2017/01/11 17:34
1483941625036

Hondaのコンセプトモデル「Honda Riding Assist」が米国ネバダ州ラスベガス市で開催された世界最大の家電見本市CES2017において、公式アワードパートナーであるEngadgetが主催するBest of CES2017の「Best Innovation」および「Best Automotive Technology」を受賞しました。また、米国Popular Mechanics誌が主催するBest of CESの「Editors’ Choice Awards」も受賞し、Honda Riding AssistはCES2017で合計3つの賞を受賞した。


Honda Riding Assistは、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、CES2017で世界初公開した実験車。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減。


一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現している。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案だという。


二輪車が止まっていても自立できるという技術は非常に興味深く、これをホンダがASIMOの技術応用で実現したという点が面白い。市販化が望まれる技術だ。