メルセデス・べンツ、SLC 180 Sports RedArt EditionとMercedes-AMG SLC 43 RedArt Editionを発表

操作メニュー
投稿日時
2017/06/19 11:16
mbj mbj1

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ「SLC」の特別仕様車「SLC 180 Sports RedArt Edition」および「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2017年8月31日までの期間限定で注文受付。


SLCは、1996年に電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカーSLKとして登場した。現行モデルは、2016年にメルセデスのロードスターを表すSLと車格を表すCを組み合わせ、SL」と刷新するとともに、大幅な改良が施され登場。


SLC 180 Sports RedArt Editionは、SLC 180 Sportsをベースに、エクステリアは、 フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリムに加えて、フロントのブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクに印象的なレッド アクセントを配してスポーティでアグレッシブな個性を際立たせている点が特徴。


インテリアは、ステアリング、インテリアトリム、ダイレクトセレクトレバーなど随所に カーボンデザインを採用、シートにはパイピング等を施し、レッドラインと組み合わせることで、スポーティで特別感溢れる室内空間を演出。また、ベースモデルでは設定のない高級感あふれるナッパレザーをシートに使用。


さらに、シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターによって暖めた空気を、 ヘッドレスト下部から吹き出して乗員の首まわりを暖める「エアスカーフ」をSLC 180として初めて装備しており、季節にかかわらず快適なオープンドライブを楽しめる。 これらの充実した装備を追加しながらも、税込616万円と魅力的な価格を設定。


Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition は、Mercedes-AMG SLC 43をベースに俊敏なハンドリングと快適性を両立する「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」をSLCとして初めて採用。AMGダイナミックセレクトで選択できる5つのモード(「Eco」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「Individual」)と連動し、走行状況に応じて四輪それぞれを電子制御。サーキットなどでのダイナミックなドライビングと、街中や長距離移動時の快適性を高い次元で両立。


エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、フリックと、フロントからリアまでの随所に加えて、前後のブレーキには「AMGレッドブレーキ・キャリパー」を採用。さらに、専用のハイグロスブラックペイント18インチAMG 10スポークアルミホイールにもレッドラインを採用しており、ハイパフォーマンスモデルの特別仕様車に相応しいスポーティな印象を高めている。


インテリアは、カーボン素材を使用したAMGカーボンインテリアトリムやAMGエンボスを施したAMG E-SELECTレバーなどを採用した特別感溢れる室内空間に、レッドパイピングを施したシートやレッドシートベルトがスポーティなアクセントを加えている。 今回、これらの充実した装備を追加しながらも、税込984万円と魅力的な価格設定とした。