BMW、鈴鹿8時間耐久レース参戦のBMW Motorrad 39チームのオフィシャル・スポンサーに

操作メニュー
投稿日時
2017/06/23 11:23

ビー・エム・ダブリューは、モーターサイクル・ロードレースへの支援を強化し、2017年、2018年、2019年に実施される鈴鹿8時間耐久レースに参戦するBMW Motorrad 39チームのオフィシャル・スポンサーとして支援する。


現在、Motorrad 39は、全日本ロードレース選手権に参戦中であるが、2017年、2018年、2019年に実施される鈴鹿8時間耐久レースへは、BMWのオフィシャル・チームBMW Motorrad 39として参戦する。


BMW Motorrad 39の目標は、日本市場におけるスーパースポーツ・バイクのベストセラー・モデルであるBMW S 1000 RRでFIM世界耐久選手権の一部である鈴鹿8時間耐久レースに参戦し、BMW S 1000 RRの高いポテンシャルを同レースで示し、好成績を収めること。この目標を達成するため、BMWドイツ本社からの全面的なサポートを、BMW日本法人を通じて行なうこととした。


なお、鈴鹿8時間耐久レースに参戦するBMW Motorrad 39の3人のライダー全ては、BMW S 1000 RRのマシンを使用して、各々の母国においてレースに参戦している。


2017年鈴鹿8時間耐久ロードレースにBMW Motorrad 39より参戦予定のライダー:



  • 酒井大作


FIM世界耐久選手権ワールド・チャンピオン: 2011年


現在: 日本でJSB 1000に参戦中



  • ラファエレ・デ・ロサ


FIMスーパーストック1000カップ・チャンピオン: 2016年


現在: スーパーバイク世界選手権に参戦中



  • クリスチャン・イドン


FIMスーパーモト世界選手権第3位: 2007年


現在: ブリティッシュ・スーパーバイク選手権に参戦中