マツダ、 CX-3にガソリンエンジン車を追加

操作メニュー
投稿日時
2017/06/28 15:11
170628a

マツダは、コンパクトクロスオーバーSUV『マツダ CX-3』にガソリンエンジン車を追加するなど一部改良して、全国のマツダ販売店を通じて発売した。メーカー希望小売価格(消費税込)は、20Sの210万6000円~。


今回の改良において、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車を新たに設定。新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」車に加え、新たな選択肢を提供。ガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」の認可を先行して取得。


また、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車に標準装備することにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」に全車が該当。マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」にもとづいて安心・安全なクルマ作りに今後も努めていくという。


さらに、新型「CX-5」で初導入したボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定。


マツダ CX-3一部改良の概要は以下のとおり。



  1. ガソリンエンジン車を追加


・新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車は、レスポンスが良く気持ちのよい走りを実現。また、環境性能では、平成30年排ガス基準の75%低減を達成。


・ガソリンエンジン車は、「WLTCモード」の認可を取得。「WLTCモード」は、「市街地モード(WLTC-L)」、「郊外モード(WLTC-M)」、「高速道路モード(WLTC-H)」と3つの走行モードで構成された国際的な試験方法。JC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した測定方式になっている。



  1. 先進安全技術を全車に標準装備


マツダは2017年度中に、国内で販売する主要5車種を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車で標準装備することを公表。4月に発表した「デミオ」に続いて、今回の『CX-3』は「i-ACTIVSENSE」全車標準車種の第2弾。また、マツダ車として初めて、「サポカーS・ワイド」に全車該当。


CX-3一部改良モデルに採用されている、9つの先進安全技術は以下のとおり。


[サポカーS・ワイドに該当する技術を標準装備]


① アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)【全車】


② AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】


③ 車線逸脱警報システム(LDWS)【全車】


④ 先進ライト


「20S」、「XD」:ハイビーム・コントロール・システム(HBC)


⑤ スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)【全車】


⑥ AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】


⑦ ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)【全車】


⑧ リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)【全車】


⑨ リアパーキングセンサー(センター/コーナー)【全車】